読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない

気楽にいきましょ。

働きたくない人へ送る名言集

ずっと会社で働くだけが人生じゃない。ちょっとだけ働いて、ちょっとだけお金を貰って、ささやかな暮らしをする。それか、自分の思い描いた夢を追い続ける。そんな人生があったって別にいい。でもそうは簡単には思えないのが人というもの。周りの友人や知人はちゃんと働いているのに、自分だけそんなことを言うのは甘えではないのか、馬鹿にされるのではないか、そんな不安が拭えない。

確かにきちんと毎日働いている人はすごいし偉いと思う。それを当たり前のことだと言うのも、すごいことだ。でもみんながみんな同じじゃなくてもいいはずだ。たまに働いて自分なりの幸せを見つける。例え甘えだと言われようと、自分に素直に生きることもできずに苦しんでいるよりは、ずっと良い。

週に5日も働いて自分の身を削ってお金をたくさんもらうより、お金は少なくても自由な時間がもっと欲しい。そう思う人はきっと大勢いる。今回はそんな人たちに送りたい名言を集めた。

悩んでいる人へ

質素な生活ができる人は、ときどき適当に働いて、のんびり生きれば良い。贅沢な生活がしたい人は、ばりばり頑張って働いて、どんどん稼げば良い。いずれが偉いわけでもなく、片方が勝者で、もう一方は敗者というわけではない。

「やりがいのある仕事」という幻想 作者:森博嗣

幸福の七ヶ条
第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
第二条 しないではいられないことをし続けなさい。
第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。
第四条 好きの力を信じる。
第五条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
第六条 怠け者になりなさい。
第七条 目に見えない世界を信じる。

水木サンの幸福論 作者:水木しげる

それにしたって、こんなに働いても余裕が全然ないのは誰のせいなのか。
そんなに多くのものを求めているわけでもないのに、こんなにつらいのはなぜなのか。
職場は、この漠然とした社会は、私たちを守るどころか、時間を、お金を、余裕を奪っていくだけじゃないか。
そんなもんのために一生懸命働く必要がどこにあるのでしょう。

20代で隠居 週休5日の快適生活 作者:大原扁理

働きたくない人へ

世の中甘いか甘くないかで言ったら絶対甘い方がいい!そうだろ!
私は世の中が甘い甘い世の中であってほしいと願ってるんだ!

空が灰色だから 作者:阿部共実 

僕は!働きたくない!
でもそれなりの金は欲しい!
その熱い思いは誰にだって負けねえんだ!

恥をかくのが死ぬほど怖いんだ。 作者:サレンダー橋本

働くって素敵!
きっと流した汗は美しい!
たくさんの夢があれば
くろうなんて
なんのその!
いも

あんずのうた 歌:双葉杏(CV:五十嵐裕美)

夢がある人へ

あるぜ可能性は あぁ0じゃないぜ
余計タチが悪い だから捨てられない

歩きつづけるかぎり 歌:怒髪天  

ロックンロールの神様は厳しいから…
ロックンロール以外のことにうつつをぬかしてると本物は決してくれないの
(中略)
本当のことだけやっていけばいいのよ

日々ロック 作者:榎屋克優

毎日毎日1人ぼっちで自分の歌だけ信じて一生懸命歌って…
バカにされて誰も立ち止まらなくてもそれでも歌うしかなくて
勘違いだって別にいいだろ!
それがその人の生きかたなら

日々ロック 作者:榎屋克優

生まれたからには生きてやる
誰かのサイズに合わせて 自分を変えることはない
自分を殺すことはない ありのままでいいじゃないか
劣等生でじゅうぶんだ

ロクデナシ 歌:THE BLUE HEARTS

それでも働く人へ

俺、今、家族と楽しくワイワイ笑ったり、時にはケンカしたりしながらさ、このままずっと一緒に元気で暮らしたいと思ってる。それが今の俺の夢と言えば夢かな。俺さ、その夢のために今、毎日一生懸命働いてるんだ。結構楽しいよ。

クレヨンしんちゃん 作者:臼井義人 

 

以上です。働きたくない人へ送るというよりかは、働いて疲れている人に送るといった感じになりました。

本や音楽は、自分の知らなかった世界を広げてくれますね。
こんなのいいよっていうのがありましたら、是非教えて下さい。
では。